金沢加賀百万石ほんだ農場のホームページ

無農薬よりすごいJAS有機認証制度

有機JAS認証制度に関するページ

食品の安全性を表す
大切なマークです

3年以上続けて無農薬有機栽培をし第3者の認定期間の検査に合格した農産物に貼ることが出来る安全安心のマークです。
太陽と雲と植物をイメージしたマークです。
有機認定書、有機生産農家である証明です。
有機米生産農家である証明書です。
小分け認定書
有機米を小分け販売する
ことが出来る証明書です。

有機食品表示に新基準が設けられました。

平成12年4月1日、改正JAS法が施行されました。

有機JASマークとは、化学的に合成された肥料、農薬を原則として使用しない

農産物やそれらを原料として加工された農産加工食品に付けられるマークです。


いままで「有機」と表示されていた食品のほとんどが新基準を満たさないと見られます。

*有機食品の検査認定・表示制度の創設

日本農林規格(JAS)法の改正により有機食品の検査認定・表示が法制化されることになりました。

「有機JASマーク」の付された農産物は、その生産から最終包装に至るまで、有機性が侵されることのないよう厳しく検査された、生産、維持、管理などの工程を経ており、このマークが付いていないと[有機○○」、「オーガニック○○」と表示することが出来なくなりました。


「一定の農場で3年間以上」農薬や化学肥料を全く使わずに栽培したもの、さらに、その生産から最終包装に至るまで、有機性が侵されることのないよう厳しく第三者認定機関の検査されたものに限り、JASのマークとともに有機又はオーガニックの表示が認めらることになりました。」


(生産2年目は経過途中有機農産物として転換期間中と表示することで有機の表示が認められます。)


有機栽培と無農薬栽培について


*JAS法の改正と告示の施行及び適用

 施行 (H12年4月1日)

適用 (H12年7月1日) 生鮮食品(玄米、精米を除く)

適用   (H12年10月1日)   有機食品

適用 (H13年4月1日) 生鮮食品(玄米、精米)

ほんだ農場の取り組み

ほんだ農場の有機栽培取り組みと歩み


ほんだ農場では 平成2年から減農薬栽培に取り組み、国の特別栽培米制度にのっとり 消費者と直接結びついた生産に取り組んでまいりました。

平成6年にEM菌に出会い、その後は、EM自然農法を取り入れた自然 農法による有機栽培を行ってまいりました。

平成10年から石川県が有機農産物認証制度を開始し、登録申請の受付けを始めるといち早く制度に参加して制度に沿った有機米を栽培し、信頼される農産物の生産に努めてまいりました。

石川県有機認証制度については下記の通りです。

石川県有機農産物認証制度

有機農産物生産に真剣に取り組む生産者を支援(認証)し、消費者に 信頼される有機農産物を提供することがねらいです。

有機農産物とは  化学合成農薬・化学肥料、化学合成土壌改良材を使わないで、3年以上を経過し堆肥等(有機質肥料)による土作りを行ったほ場において収穫された農産物を「有機農産物」、3年未満6ヶ月以上の場合は、「転換期間中有機農産物」と云います。
適用する農作物  認証の対象とする農産物は、石川県内で生産される米・麦、野菜、果実、豆類、お茶等です。
(但し、漬物、カット野菜、肉などの農産加工品、調理・半調理品、蓄産物は除く。)
申請・認証  認証を希望する生産者は、農林総合事務所(農業振興部)に所定の申請書を提出します。認証委員会の審査を経て、県が認証します。
認証マーク 県が認証した有機農産物には、県認証マークを貼って、出荷します。

生 産 の 前 に
(6ヶ月前以上)
生   産
(立て札を立てる)
出   荷
(シールを貼る)
石川県有機農産物有機認証マーク 石川県有機農産物有機認証マーク 石川県有機農産物有機認証マーク 石川県有機農産物有機認証マーク
○ほ場の特定
○栽培計画
○生産管理記録 ○出荷記録

石川県有機農産物有機認証マーク石川県有機農産物有機認証マーク
申請 承認
石川県有機農産物有機認証マーク石川県有機農産物有機認証マーク
調査 認証
石川県有機農産物有機認証マーク
報告
石川県有機農産物有機認証マーク
農林総合事務所(農業振興部)

農産課
(申請の受付、認証の可否)

石川県有機農産物有機認証マーク 石川県有機農産物有機認証マーク
依頼  報告

審 査
石川県有機農産物有機認証マーク
石川県有機農産物有機認証マーク
石川県有機農産物有機認証マーク

平成13年4月1日改正JAS法の施行により このマークは廃止され以下の JASマークに一本化されました。

※ 有機農産物認証を申請した生産者は、ほ場の立ち入り検査、生産管理記録簿の閲覧、農産物の抜き取りなどの調査を拒むことはできません。

石川県有機農産物認証制度は平成13年4月1日、改正JAS法の施行により廃止されました。その後は改正JASに一本化されました。

有機栽培と無農薬栽培についてもう少し詳しくはここをCLICK

3年以上続けて無農薬有機栽培をし第3者の認定期間の検査に合格した農産物に貼ることが出来る安全安心のマークです


ほんだ農場の加賀百万石有機栽培米こしひかり
「有機」と表示できるお米です。
↓ ↓ 

ほんだ農場の加賀百万石有機栽培米こしひかりには、このJASのマークがついています。

JAS
のマークなしで有機栽培や有機米、有機野菜など有機の表示は出来ません。

日本農林規格(JAS)有機農産物の認定をいただきました。

右が(公財)自然農法センターが有機認定業務規定の農家及び農地登録規定に基づき
本多宗勝を農家登録番号 20-006として登録したことを証明した書です。


ほんだ農場では平成6年からの長期間、農薬(毒)や、化学肥料を全く使わないEM自然農法で有機栽培に取り組んできました。

(土壌中残留農薬は期間を経ることで減少します。)
石川県の有機農産物の認証を経てこのたび、(JAS)登録認定機関の(公財)自然農法センターより、有機農産物の認定をいただきJASマークとともに有機農産物と表示して販売できることとなりました。

右下は有機農産物の生産行程の管理又は把握
に関する課程を修了した修了証書です。

栽培期間中はもちろんのこと、調整、保管の段階でもみなさまのお手元に届くまで一切農薬は使っておりません。

認定グループ   
手取清流生産グループ
認定書 認定番号 2000F-10  
登録農家
ほんだ農場 農家登録番号  20-006

小分け業者
(有)ほんだ  小分け認定番号 2003D-1


有機栽培米を生産する農家及び農地を登録したことを認定した書
農地及び農家登録所
clickで詳細ページ

有機栽培に関する講習会に参加していただいた修了証書 有機農産物の生産行程の
管理又は把握に関する
課程を修了した修了証書
clickで大きく表示

電話でのご注文は0120-77-2098  ご質問、0761-57-2098  朝9時~20時迄(日祝日は除く)
EM商品案内

商品カテゴリー