無農薬栽培米の販売、有機玄米の販売、米ぬかの販売、健康卵の販売、美味しくて安全なお米の生産とたまごの産地直送有機農業推進法のポイントとねらいweb販売
安全安心の有機米、無農薬米、エコ米、など環境と健康によいものを生産販売の石川県加賀百万石ほんだ農場 ION お財布携帯エディ JCB VISA MasterCard DC UC
TOP アメリカンエキスプレス ミリオン(MC) ダイナース クレディセゾン Nicos クロネコ@ペイメントカード決済について
電話でご注文は 0120-77-2098
有機栽培米 特別栽培米 ほんだ農場の美味しいお米 食べる米ぬか 安心米粉 有機、無農薬野菜 加工食品 EM菌 em化粧品 農業資材 贈答品 精米機 健康たまご スマートフォンでお買い物 スマホ
You
Tube
トップTOP 初めてのかた初めての方 商品案内商品案内 ご注文から発送までご注文から発送まで お客様の声お客様の声 お問い合わせお問い合わせ FAX注文 width=FAX注文 サイトマップサイトマップ
1万円以上で送料無料

お米と卵のほんだ農場のメニュー


ほんだ農場内を検索
powered by Yahoo! JAPAN

あいがも農法と有機米のほんだ農場
初めての方にほんだ農場のお米についてのメニュー
お米商品一覧
新規顧客特価ページ
クリックして有機米案内に進む
有機栽培米

天日干し有機栽培水の精

有機栽培「水の精」
有機栽培米「土の詩」
辻本さんの有機栽培コシヒカリ
辻本さんの有機栽培米
竹村さんの有機栽培米コシヒカリ
有機栽培「若緑小粒玄米
クリックして特栽米案内に進む
特別栽培米、無農薬栽培米

無農薬米コシヒカリ

辻本さんの有機栽培米
特別栽培米自然の恵みコシヒカリ
特別栽培米コシヒカリ天の恵みコシヒカリ
クリックすると美味しいお米案内
美味しいお米
赤とんぼコシヒカリ
辻本さんのひとめぼれ
加賀百万石厳選コシヒカリ
西田さんのゆめみづほ
北野さんのコシヒカリ
コシヒカリ小粒玄米
もち米
送料無料お米1.5kg、2kgシリーズ
お米5kgシリーズ
お米10kgシリーズ
お米15kgシリーズ
お米20kgシリーズ
お米30kgシリーズ

安全性(栽培方法)で選ぶ お米価格別

1.000円以下

2.000円以下

3.000円以下

4.000円以下

5.000円以下

6.000円以下

7.000円以下

8.000円以下

9.000円以下

10.000円以下

15.000円以下

20.000円以下

20.001円以上

年間契約について
お米の定期購入
農作業場
米ぬか
米ぬか商品一覧

安全性(栽培方法)で選ぶ 安全性(栽培方法)
          で選ぶ

JAS有機米ぬか「加賀美人」

無農薬米、有機米使用米ぬか「健康美人」

自然恵み健康ぬか「素肌美人」

配送方法で選ぶ 利用方法で選ぶ

食べる米ぬか

美容に利用する

ふりかけなどに使う

漬物に使う

容量で選ぶ 容量で選ぶ

100g 200g 300g
400g 500g 600g 1kg

容量で選ぶ 輸送方法で選ぶ

メール便

宅配便

米粉
米粉商品一覧

白米粉 白米粉

無農薬・有機栽培の白米粉

コシヒカリを挽いた白米粉

玄米粉 玄米粉

無農薬・有機栽培の玄米粉

コシヒカリを挽いた玄米粉

有機米、無農薬米のほんだ農場のお米の生長アルバム

有機米、無農薬米のほんだ農場から有機栽培について

無農薬米、有機米など米の保管、貯蔵について
EM農法と慣行農法の違い

健康たまご

無農薬野菜
スイーツ
加工食品
贈答品
農業資材
EM商品

EM化粧品案内

家庭用精米機、発芽機、低温保冷庫などの家庭用電気製品
焼き物
お米について

L お米の成長アルバム

お米の成長アルバム
L 春の農作業風景

春の農作業
L 穫れたて新米

穫れたて新米
L EM農法と慣行農法米違い

EM農法と慣行農法の違い
L 有機栽培と無農薬栽培について

有機栽培と無農薬栽培について
L JAS有機認証制度について

JAS認証制度について
L 有機認定証

有機認定書
L 石川県エコ農業者

石川県エコ農業者

ほんだ農場の全商品を見る 全商品を見る
宗和不動産商事 不動産部(宗和不動産商事)
ほんだ農場仲間たちリンクリンク 仲間たちリンクリンク
読んでください有機米と無農薬米のほんだ農場ご注文のご案内 読んでね!
注文方法のご案内
ご注文は:TEL 0120-77-2098
FAX:0761-57-2198
          でも承っております
お問い合わせ
IP電話:050-3348-8081
お客様の情報登録 お客様情報の登録
登録内容の変更及び登録解除 登録内容の変更及び登録解除
ご意見ご感想 ご意見ご感想
石川県加賀百万石ほんだ農場ブログ ブログ
石川県加賀百万石ほんだ農場facebook facebook
石川県加賀百万石ほんだ農場facebook ツイッター、フォローして下さい。
フォローをして下さい。
石川県加賀百万石ほんだ農場facebook スマートフォン支店
商品が購入できます

有機農業推進法のポイントとねらい
       有機農業推進議員連盟事務局長 参議院議員 ツルネン マルティ

有機農業は国の力、国の宝

 有機農業は、農業の自然循環機能を大きく増進し、農業生産に由来する環境への負荷を提言するものであり、また、安全かつ良質な農産物を消費者の需要に対応した農産物の供給に資するものである。

この有機農業の普及は、自然環境と社会の健全化に寄与することになる。

言い換えれば、有機農業によって、自然環境を回復することと同時に、人間のライフスタイルも「有機的」なものに改善することになる。

つまり、有機農業は国の力、国の宝である。

同法律の成立までの経緯

 現行法制においては、有機農業は、環境保全型農業生産方式の一つとして、「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づき農業生産の側面から支援措置が講じられているが、有機農業の推進だけを目的とする法律はなかった。


そこで、有機農業による生産を推進し、これによって生産される農産物の流通・消費を増加させるため、農業生産、流通、消費というそれぞれの側面から有機農業を推進するために必要となる施策を総合的に講ずる法律を新たに設けることが必要であると考えた。


有機農業推進議員連盟(超党派、161名、平成18年11月現在)が設立された平成16年11月以降、議運では有識者等を招き勉強会を継続的に実施した。

法律案のたたき台になったのは、日本有機農業学会が作成した試案であり、総会や立法作業部会で参議院法制局とともに議論を重ねた。

その成果を、平成18年10月に「有機農業の推進に関する法律案」としてとりまとめた。

同法律案は、12月8日衆議院本会議において全会一致で可決、成立し、12月15日公布、施行された。

同法律の主な内容

同法律の主な内容は以下の通りである。


 第一に、この法律において「有機農業」とは、化学的に合成された肥料及び遺伝子組み換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷を出来る限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業をいうこととしている。


 第二に、基本理念として、有機農業の推進は、農業者が容易に有機農業に従事する事が出来るようにすることを旨として行わなければならないこと、農業者その他の関係者が積極的に有機農業により生産される農産物の生産、流通又は販売に取り組む事が出来るようにするとともに、消費者が容易に有機農業により生産される農産物を入手できるようにすることを旨として、行わなければならないこと、有機農業者その他の関係者と消費者との連携の促進を図りながら行わなければならないこと、農業者その他の関係者の自主性を尊重しつつ、行わなければならないことを定めている。


 第三に、有機農業の推進に関して、国及び地方公共団体の責務を明らかにしている。


 第四に、農林水産大臣は、有機農業の推進に関する基本方針を定めることとし、この基本方針には、有機農業の推進に関する基本的な事項、有機農業の推進及び普及の目標に関する事項、有機農業に関する施策に関する事項などを定める事としている。


 第五に、都道府県は、基本方針に即し、有機農業の推進に関する施策についての計画を定めるよう努めねばならないこととしている。


 第六に、国及び地方公共団体は、基本的な施策として、有機農業者等の支援、有機農業者に関する技術開発の促進のための研究施設の整備、研究開発の成果に関する普及指導及び情報提供、消費者の理解と関心の増進のための広報活動、有機農業者と消費者との交流の促進、有機農業者の推進に関する調査の実施、国及び地方公共団体以外のものが行う有機農業推進のための活動の支援などを行うこととしている。


議論となった課題

 次に、議運で議論になった、いくつかの課題を報告したい。

この法律は、有機農業の推進という観点から「食料・農業・農村基本法」に定める基本理念等を具体化されたものと考える。

また、「農地・水・環境保全向上対策」は、環境にやさしい先進的営農活動に対する支援であり、有機農業を含め推進を図るものであると考える。

また、この法律の支援施策は、国の定める基本方針や都道府県の定める推進計画の中で具体的に定まるものであるが、農業者への有機農業に係る情報提供や援助、技術指導などが考えられる。とくに、新たに有機農業を行おうとする生産者には、技術開発によって得られた病害虫対策などのノウハウを提供する事や指導する事が考えられる。

また、「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づく支援制度を利用する事もあると考えられる。

JAS法との関係では、この法律の「有機農業」は、有機農産物のJAS 規格に定める有機農産物の生産方法よりも広い概念であり、この法律に基づく有機農業の推進は、有機農業への新たな取り組みを後押しする事になり、将来的には有機JASの裾野拡大にも寄与すると考えている。

また、有機農業関係者からの強い要望の一つに、農水産省に「有機農業推進検討委員会」を置くことが提案されたが、議連では、新たな委員会創設ではなく、現存の「食料・農業。農村政策審議会」の意見を反映して基本方針を作るという結論となった。なぜなら、有機農業は、慣行農業からの転換や新規就農者の参加が容易に行われるよう、農業全体の改革の中で進めるべきと考えているからである。

そのためには、農業改革全体の中で有機農業の果たすべき役割を検討する事の方が望ましいと考える。

現在「食料・農業・農村政策審議会」に、有機農業者の代表や有機農業有識者を臨時委員として任命する作業が行われていると聞いている。
もちろん、われわれ議連としても、基本方針の作成には、しっかり意見を言って生きたいと思っている。

有機農業推進の目的

有機農業推進の究極的な目的は、日本農業全体を環境保全型農業へと転換する事であり、有機農業の大幅な普及こそが危機に瀕していると私は考えている。

つまり、この法律に定めれている施策の実施によって生産者の大半が生産規模を問わず慣行農業から有機農業に転換すれば、農業の持つ環境再生機能を世界に発信する事が出来る。

結果として消費者ももっと容易に有機農産物を買えるようになるので、日本が農業の国際的な自由化の中にあっても国内農業を支える姿勢に変わって行くことが出来る。もちろんこのような革命は直ちに実現するものではないが、この法律の実施がその方向性に第一歩になる事と私は信じている。


今回の法律作成にあたっては、各党が正しく政策本位で一丸となって、現場の声を聞きながら法律がまとめられた。これは誠にありがたい事であるが、有機農業の現場の要望や意見を組み入れる事が出来なかったことも事実である。

しかし、法律が成立した後、各方面からのコメントには不満はなく、エールメッセージがほとんどであった。もちろんこれから作成される基本方針の中身に対する不安が関係者の中にあることはよく承知している。なぜなら、今まで農林水産省は有機農業に関してあまりにも消極的であったからだ.


しかし、大変うれしい事に農林水産省の中にも、ようやく有機農業の可能性を信ずる人が増えてきている。


松岡農林水産大臣は、参議院農林水産委員会での同法律に対するコメントの中で、次のように言っている。


「(略)」私ども農林水産省挙げてこれはもう歓迎しておりますし、感謝をいたしております。

なかんずく、この有機農業に環境保全を重視した農業生産の一つの形態でございまして、また消費者の観点から見ましても、これは非常にやっぱり健康にとっても素晴らしいものでございまして、そういう意味で正にちょうど時代にマッチしたというか、逆に時代を大きく先取りしたような、こういうすばらしいものでございます。

(略)心から先生方のご努力に、そしてまたこの法律の中身に敬意を表しまして、お礼の言葉も込めまして一言、本当に感謝を申し上げたいと思います。有難うございました。」(平成18年11月30日参議院農林水産委員会・和田議員に対する答弁)


私も、この有機農業推進法が日本の農全体を環境保全型農業へと変える大きな一歩になると信じている。

そして、われわれ有機農業推進議連がその転換を後押しできるよう、頑張りたいと思っている。

 

  EM商品案内
ほんだ農場のTOPページへ ほんだ農場の商品のご案内 EM化粧品を「注文する」のページにジャンプします メールで問い合わせできます